×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 金沢まりこ「ひとはもっとゆっくりがいい」展 

2005年3月9日〜4月3日 AM10時〜PM5時
開催 相鉄ギャラリー



市民の足として、横浜市内を横断する相模鉄道(通称相鉄線)グループの 全面バックアップによる、
相鉄奨励展「ひとはもっとゆっくりがいい」金沢まりこ作品展を開催させて頂きました
こんな素晴らしい会場で、一ヶ月間もの期間、作品展を開くことが出来た事は
何度振り返っても、本当に本当に本当に、大変大きな出来事でした


相鉄さんありがとう




横浜市泉区緑園都市という
分かりやすく言えば、
そう、東京の田園調布ですねぇ、
まわりのお店や街並みなど
とても素敵なところです
この建物の三角部分がおもに
ギャラリーの会場スペースです
専用エレベーターで
四階まであがります


エレベーターが開くと、
そこはもう会場です
むかって右から
描きはじめた順に
作品を並べましたので
ぐるっとひと回りしてみましょう
とっても広いですよ

みなさんに芳名帳を
書いて頂いたスペース
窓の下には噴水公園と
おとなりの
フェリス大学が見えます


床面積 175・8u
壁面積 37m
天井高 2・7m(一部3・2m)
作品数 64点
三角の部分は大きな天窓です
奥に、大変お世話になった
相鉄の
受付の方が見えます


この面の壁の作品は
一枚を残し
全てお借りした作品です
以前描いた作品を 今回の作品展で
20点お借りしました
お客様にお嫁入りした、
幸せな作品たちと
またこうして逢えるのは
とてもありがたいことです




つぎへ